カテゴリー: 育毛シャンプー

育毛シャンプーの選び方から正しい使い方、さらには人気の育毛シャンプーも紹介しています。

シャンプー後、髪の毛に優しい乾かし方

1日に何回もシャンプーするのは、頭皮が必要以上に乾いて、逆に頭皮を痛める場合がある上に、髪の毛自体が水分に弱いので、長時間濡れたまま放置してしまうのは良くありません。

また、髪の毛が濡れたままだと、頭が冷えてきてしまいます。頭が冷えるということは、頭皮が冷えてしまっているので、体温が高い時に比べて血液の流れが悪くなってしまいます。

すると、新しい髪の毛を作るための栄養が不足してしまい、髪の毛が抜け落ちやすくなります。

よくお風呂に入ると血行が良くなると言います。つまり、逆に頭皮が冷えることは、血液の流れを悪くするので、髪の毛に良くないことがわかると思います。

キューティクルという言葉を聞いたことがあると思いますが、このキューティクルは、髪の毛の周りを保護してくれています。でも、髪の毛に水分が付いたままになると、髪の毛は水分に弱いのでキューティクルもはがれてしまい、髪の毛が痛みやすくなってしまいます。

ですから、早く髪の毛を拭いてあげないといけません。また、ドライヤーも髪の毛を乾かすには有効ですが、使う時には十分に注意して使う必要があります。気を付けないと、ドライヤーの熱によって髪の毛と頭皮の潤いがなくなってしまい、髪の毛が痛む原因になってしまいます。

髪の毛の乾かし方としては、キレイに濡れた髪の毛を拭くだけでなく、力いっぱい擦らないで髪の毛を押さえる感じで拭きます。

丁寧に拭いた後は、ドライヤーを出来るだけ頭から離して使うようにしてください。この時、長時間使わないで出来れば早く終わるようにして、髪の毛が痛まないようにします。

さらに、ずっと同じところばかりドライヤーをあてないで、頻繁にドライヤーをあてる部分を変えるのも髪の毛を痛めない一つの方法です。このように、髪の毛を乾かす時も髪の毛に注意を払うことで、髪の毛や頭皮の状態が悪化することを避けることが出来ます。

正しいブラッシングのやり方

普段なんとなくブラッシングしている人が多いかもしれませんが、実は、ブラッシングを丁寧にしておかないと、髪の毛の育毛にも影響が出てきます。人間の頭皮や髪の毛には、1日経つと結構な汚れやホコリなどが溜まってきます。ですから、ブラッシングをすることで1日の汚れを少しでも多く取り除くことが可能になります。

出来れば、入浴前にブラッシングしておいた方が良いでしょう。なぜかと言うと、入浴前にブラッシングをすればあらかじめ汚れやホコリを取り除けるだけでなく、髪の毛1本1本をキレイに整えることで、シャンプーの際に手が引っかかったりしなくなる効果もあります。では、どのようなブラッシングが髪の毛に良いか見ていきましょう。

まず、ブラッシングをする際には、力を入れて引っ張ったりしないようにしてください。あまり激しいブラッシングだと、髪の毛を保護しているキューティクルがはがれてしまったり、引っ張る力に弱い髪の毛は、途中で切れたり、抜け落ちやすくなってしまいます。ブラッシングは、ゆっくりで良いので外側から少しずつするようにして、頭皮に引っかけて傷を付けないようにしましょう。

頭皮が傷ついてしまうと、フケや炎症を発生したり、抜け毛や薄毛が進行してしまう恐れもあるので、ブラッシングだからといって軽く見ないで、丁寧にするように心がけてください。

リアルラゾンシャンプー

リアルラゾンシャンプーは、長期的に発毛周期を活発化させることによって、短期間で髪の毛の発毛を促進させることが出来る育毛シャンプーです。

短期間で発毛を促進させることが出来たのには、25年もの研究期間と4億円以上の開発費を費やし、専門家と専門機関が協力して開発された独自の発毛促進技術・ナノキャリアシステムを採用しているからです。

このナノキャリアシステムとは、発毛促進に必要な有効成分を毛穴の奥深くに浸透させるために、有効成分をナノ化、つまり小さい粒子に凝縮することで、毛穴の奥にある毛母細胞に直接働きかけて活発にさせる技術です。

髪の毛は発毛周期と呼ばれるサイクルによって、抜けたり生えたりを繰り返していますが、ナノキャリアシステムの技術で有効成分をナノ化することで、髪の毛の根元部分にまで有効成分が浸透し、発毛周期を長期間にわたって活性化させることによって、短期間で発毛させることが出来るのです。

その証拠に、テストモニターとして参加した300人以上が、60日後には太くてハリのある黒々とした髪の毛の発毛に成功しているように、短期間での発毛が立証されています。

また、独自の配合技術で作られた高級育毛成分によって、男性型脱毛症(AGA)をはじめ、あらゆる脱毛症にも効果があるだけでなく、微香性でニオイも気にならず、髪の毛のツヤやハリが出るなどの美容効果もあるので、女性の利用者も増えてきているのも人気の秘密です。

ウーマンシャンプー

ウーマシャンプーの主成分になっている馬油は、魚・牛・植物などの他の一般的な油に比べて、不飽和脂肪酸が多いのが特徴です。

この不飽和脂肪酸は、人間の皮脂に似ているので人間の皮膚との相性が良く、頭皮に浸透しやすい性質を持っています。

つまり、馬油を主成分に使っているウーマシャンプーは、栄養が頭皮内部に良く浸透させることが出来る上に、人間の皮脂に似ているので、頭皮への負担もありません。

さらに、ウーマシャンプーに使われている馬油は、馬1頭からごくわずかの量しか採ることが出来ない、こうね馬油という最高級の馬油なのです。

こうね馬油は、通常の馬油よりもさらに高い浸透力があり、頭皮を柔らかくし、皮膚を正常な状態にして育毛効果を高めてくれます。

また、ウーマシャンプーは一般的なシャンプとは違い、アミノ酸系洗浄成分を使用しています。

人間の頭皮は皮脂がたくさん分泌されすぎても髪の毛の発毛に悪影響を及ぼしますが、だからと言って、皮脂を取りすぎてしまってもいけません。

なぜなら、頭皮を取りすぎると紫外線や外部から侵入する細菌などから頭皮を守ることが出来なくなり、頭皮が刺激されて逆に皮脂の分泌量が増えてしまうからです。

ですから、頭皮の皮脂を取りすぎずに、頭皮の健康を維持するための皮脂は残す必要があります。そこで有効なのがアミノ酸系洗浄成分なのです。

アミノ酸系洗浄成分は、根こそぎ皮脂を取ってしまうのではなく、必要な量の皮脂は残してくれて、頭皮の潤いを保つことが出来ます。また、馬油同様に頭皮にも優しいので安心して使えます。

他にも髪の毛の成長を促進させる生薬が25種類も含まれているので、浸透力が高いウーマシャンプーは育毛効果にも優れていると言えるでしょう。

実際に利用者の92%が頭皮の変化を実感し、数多くの雑誌でも紹介されている話題の育毛シャンプーです。もしも、使ってみて満足出来なければ、全額返金してくれるので、試しにウーマシャンプーの洗浄能力を体験してみてはいかがでしょうか。

育毛シャンプーの正しい選び方

育毛シャンプーの種類

普段、いつも私たちが使用しているシャンプーというものは、高級アルコール系のシャンプーと言われ、基本的には洗浄能力が高いものが多いのです。洗浄能力が高いのは良いのですが、中には洗浄能力が高すぎて必要以上に頭皮表面の皮脂を取り除いてしまいます。

ですから、頭皮が乾燥気味の人や敏感体質の人は、使いすぎると頭皮が炎症を引き起こす場合があり、その結果、抜け毛や薄毛へと進行することがあります。育毛シャンプーとは別のものだと考えて良いでしょう。

そうならないためにも、育毛効果が高く刺激の弱いアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーや石鹸の成分が入っている育毛シャンプーを選ぶべきです。

それでは、石鹸の成分が入った育毛シャンプーとアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーについて見ていきましょう。

まず、石鹸の成分が入った育毛シャンプーは、無添加で天然の成分を使って製造されているので、刺激が弱いという性質があります。そのため、敏感体質の人には良いと思います。

ただ、洗浄能力がかなり高いため皮脂を取り除きすぎてしまうので、頭皮が乾燥している人向きではありません。また、天然成分なので体には良いのですが、髪の毛がパサついた感じになり仕上がりはあまり良く見えません。

では、頭皮が乾燥している人はどんな育毛シャンプーを選べば良いかというと、アミノ酸の成分が入った育毛シャンプーを選べば良いでしょう。

アミノ酸の成分が入っている育毛シャンプーは、石鹸の成分が入った育毛シャンプーと同じようにかなり低刺激なシャンプーです。敏感体質の方には向いています。

しかし、石鹸の成分が入った育毛シャンプーに比べて、洗浄能力が少し抑えられて、石鹸の成分が入った育毛シャンプーほどの洗浄能力はありません。

ですが、洗浄能力が劣る分、皮脂を取り除きすぎないである程度の皮脂を頭皮に残してくれます。ということは、頭皮の乾燥を防ぐことができるので頭皮が乾燥している人に向いています。洗浄能力が劣ると聞いて少し不安になるかと思いますが、十分に頭皮の汚れは落としてくれるので安心してください。

このように、育毛シャンプーには石鹸の成分が入った育毛シャンプーとアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーの2種類ありますが、どちらも低刺激なので、皮脂の多い人は石鹸の成分が入っている育毛シャンプー、頭皮が乾燥している人はアミノ酸の成分が入っている育毛シャンプーを選べば良いでしょう。

このように、育毛シャンプーを選ぶ時は、しっかりと自分の頭皮の状態を知ってから選んでください。そうしないと、間違った育毛によって髪の毛が痛んでしまいかねません。頭皮に合った方を選び、上手く使い分けることが髪の毛を発毛させる近道になります。

育毛シャンプーの正しい使い方

育毛シャンプーの正しいやり方で毎日きちんと頭皮の汚れを洗い落とさないと、汚れが毛穴につまって育毛の妨げになってしまうので注意が必要です。

まず、育毛シャンプーで頭を洗う前に、しっかりとお湯で頭皮と髪の毛の汚れを洗い流します。次に、適量のシャンプーを手にとって泡を立ててからシャンプーしましょう。

決して、手に取ったシャンプーをいきなり頭皮や髪の毛に付けないようにしてください。最初は髪の毛の汚れを落とすために髪の毛だけを洗います。そして、髪の毛の汚れを洗い流せたら、今度は頭皮の汚れを落とすために頭皮を洗います。ここで注意して欲しいのは、シャンプーをする時は指の腹を使うようにします。

なぜなら、もし、指の腹を使わずに指を立てて洗おうとすると、どうしてもつめが頭皮に当たってしまい、つめが頭皮に当たって引っかいてしまうと、頭皮を傷つけてしまい育毛に悪影響を及ぼしかねません。また、シャンプーで頭を洗う時は、力を入れすぎずに軽く揉みほぐすようにしてください。

イメージとしては、ひらがなの「の」という字を書くような感じで、軽く回すようにマッサージするように洗いましょう。さらに、シャンプーでは出来るだけ時間を掛けて洗い、頭皮の洗い残しがないように気をつけないと、頭皮が炎症を起こし健康状態が悪化する原因なりかねません。このように髪の毛と頭皮を2回に分けてしっかりと2度洗いしたら、最後は髪の毛の水分をキレイに拭き取ってしまいましょう。

髪の毛は濡れた状態に弱く、育毛の妨げになってしまうので丁寧に拭き取ってください。