薬用ポリピュア

薬用ポリピュアは、日本をはじめ、アメリカやヨーロッパでも特許を取得していて、21秒に1個のペースで売れていて生産が追いつかずに品薄状態になるほど人気のある育毛剤です。

髪の毛を発毛させるためには、頭皮に栄養を与えたり、刺激を与えたりして頭皮環境を整えるだけではなく、髪の毛を作る毛乳頭に直接働きかけないといけません。

不規則な生活によるストレスや食生活の乱れなどによって、髪の毛を作る毛乳頭の働きが弱ってしまうと、髪の毛が成長しなくなってしまうので、発毛命令を伝達してあげる必要があるのです。

そして、発毛促進因子とも呼ばれているこの発毛命令を伝達するタンパク質をFGFと言います。

しかし、この発毛命令を伝達するタンパク質FGFの寿命は4~5時間と短い上に、必ず毛乳頭に発毛命令を伝達してくれるわけではありません。

そこで、安定して発毛命令を伝えるために必要になってくるのが、薬用ポリピュア内に含まれている特許成分の長鎖分割ポリリン酸なのです。

特許成分の長鎖分割ポリリン酸は、発毛命令を伝達するタンパク質FGFを安定させるので、髪の毛の成長を促進し、抜け毛や薄毛を防止してくれます。

この長鎖分割ポリリン酸の効果は実証済みで、薬用ポリピュアのモニターとして参加した人の約85%が2ヶ月以内に育毛効果を実感しています。

さらに、薬用ポリピュアには長鎖分割ポリリン酸は体内で作られる成分が利用されているので、頭皮になじみやすく、あまり刺激も強くありません。

薬用ポリピュアを使い続けても育毛の効果を実感出来なければ、45日以内なら全額返金に応じてくれるので、一度試しに使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です