自然脱毛と異常脱毛とは?

髪の毛はいつかは必ず抜け落ちますが、大きく分けると2つのタイプの脱毛があります。
1つ目の脱毛は、自然脱毛と呼ばれるもので、髪の毛が健康な状態の際に抜け落ちる脱毛で、2つ目の脱毛は、異常脱毛と呼ばれるもので、不規則な生活によるストレスや食生活の乱れによって、髪の毛が衰弱してしまった際に抜け落ちる脱毛です。

自然脱毛の髪の毛の特徴は、毛根部分がマッチ棒の頭ように丸く膨らんでいます。また、髪の毛の太さも太く、毛先まで同じ太さになっていることがわかります。

一方、異常脱毛の髪の毛の特徴は、毛根部分のふくらみがなくなり細くなっていて、皮脂が酸化して付着している場合があります。髪の毛の太さも毛先に行くほど先細りの状態になっていることがわかります。

自然脱毛の割合が、全体の抜け毛本数の約7割以上であれば、頭皮は正常な状態だと言われています。逆に、異常脱毛の割合が全体の抜け毛本数の約3割以上になると、頭皮の状態が悪化しているということになります。

このように、脱毛には大きく分けて自然脱毛と異常脱毛の2つがあるわけですが、では、私たち人間が1日に抜ける髪の毛の本数、つまり自然脱毛は何本あるのでしょうか?

髪の毛の成長サイクルによって1日に自然と抜け落ちる髪の毛の本数は、約50~100本くらいなんですね。通常の健康な頭皮の人なら、1日約50本くらいしか抜け落ちませんし、頭皮が健康な人でも、約100本くらい抜け落ちることもあります。

さらに、紫外線がキツイ夏が過ぎると、夏場の疲労などが影響して、1日に抜け落ちる髪の毛の本数は、約200~300本くらい抜ける場合もあります。ですが、頭皮が健康な状態の場合の誰もがこれくらいの髪の毛が抜け落ちるので、全く気にする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です